【全米が】なんか笑える霊体験【テラワロス】外伝9
1:09/30(金) 04:01 iNR5xsKI0AA
投稿したいけど、笑えないかも知れない
それどころか怖いかもしれない

霊にまつわる話、不思議な話なら
こちらへ投稿してみて下さい。

まとめサイトにも収録されます。

まとめサイト
http://wararei.yakumotatu.com/

前スレ
【全米が】なんか笑える霊体験【テラワロス】外伝8
http://bbs.yakumotatu.com/test/read.cgi/wararei/1413599813/
94:04/23(日) 15:17 QCwGo8SFOAA
>>93良い体験されましたね。
涼やかな気分(`・ω・´)
95:04/23(日) 23:14 A9U0mYIFsAA
今聞いた怖い話
・コンビニまでの道に立ち入り禁止のビニールテープで囲ってる建設途中の家がある
・コンビニ帰りにそこを通りかかったら風がないのに立ち入り禁止のビニールテープが一部分だけバタバタ揺れてたらしい
・横を通ったら止まったから気付かれて憑いてくるかもと思って私に塩用意してと連絡
・清めの塩ないから食塩かける
怖いよ何がいたんだ
96:店長 04/25(火) 15:24 25azvD+Y0AA
>>81
高校生の時、どうしても朝4時に起きなきゃいけないことがあって、
寝る前に「守護霊さま、明日の朝4時に起こしてください」って頼んでから寝たら、
翌朝ものすごく気持ちよく目が覚めて、枕元の時計みたら、
ぴったり4時、秒針までもがちょうど12にかかるところで、びっくりしたことあったわ。
友人に言ったら、「守護霊さまをそんなことに使うな」って怒られた。
守護霊さまにはめっちゃお礼言った。てか平謝りした。
97:04/25(火) 16:19 lxARBe0oOAA
>>95バタバタさんが居たのでは…?
バタバタさん
一部の物をバタバタさせるよ!又はバタバタ走るよ!例:立ち入り禁止のビニールテープ。スカート。某工場。
冗談が過ぎました。その後、何かありましたか?

>>96あ、店長さんだ。目覚まし代わりだと…?
98:04/25(火) 23:02 dyOFJ4LGsAA
>>97
バタバタさん想像したら和んだ
その後は廊下から30分おき位に何かが落ちる音がしたらしい(私はイヤホンで曲を聴いてたので気づかなかった)
後は私のお腹の辺りからギャオオオオってすごい音が聞こえたとかなんとか
私のお腹の中にエイリアンでもいるんですかね?
99:95 04/25(火) 23:09 dyOFJ4LGsAA
名前に95って入れ忘れた
100:04/26(水) 19:55 UR2lFu4NOAA
>>98音以外の被害がなさそうで良かったです
それはハラノムシというエイリアry
101:04/27(木) 01:24 e6AgTTDKOAA
未だに夢か現実か分からない話。気付かずセクハラした話なので、注意して下さい。
小さい頃アパートに住んでいた時、押し入れの下の段右側に物が一切入って居ないことがあった。
その日は家で絵本読んでいたら、お兄さんが来て
「探検をしよう。面白い所に連れて行ってあげる」
と言ってきた。二つ返事で了承した。押し入れの戸を開けて、中に入るように言われて入り戸を閉めて真っ暗にした。
「自分が先に行くから、後ろから付いておいで。後ろは絶対に振り向いちゃ駄目」
そう言われて、後ろを振り向こうとしたら怒られた。大人しく這いながら、お兄さんの後ろについて行く。真っ暗で姿は見えないけど、前に人がいるのが分かる感じ。
時々、見失うので物凄く速く這いながら追う。その音にビビるお兄さん。
余りにも勢いを込めたからか、前を行くお兄さんの尻に私の顔がぶつかる。
当時、何かぶつけてしまったら、ぶつけた相手(物)を撫でるのが癖だった。「ぶつかって、ごめんね」とか言って壁を撫でる…こんな感じ。
さて、尻に頭突き(?)を食らわした私がしたことは何でしょうか?
変質者のように、お兄さんの尻を撫でる私。
「ぶつかってごめんね。痛くない?」
「大丈夫だから」
「良かった。あ、お兄さん良い尻してる」
「撫でるの止めようか」
「はーい」
また二人して這いながら進んで行くと段々、光が見えてきた。
「光に向かって這って。自分は後ろに回るから、後ろを見ちゃいけないよ」
と言うので、光に向かって這って行った。
102:04/27(木) 01:47 e6AgTTDKOAA
光が漏れている場所に辿り着くと、薄いベニヤ板?みたいなので蓋がされておりその隙間から光が漏れているようだった。
「板を外してごらん」
そう言うので、外してみたら草木が見えた。外に出たようだった。右手で地面を触ると当たり前だが、土が付いた。
「外だ!」
と喜んだ私を見て
「今から、ここを探検してこよう。きっと楽しいよ」
と言うので、喜んで出ようとした。
「ここから出たら振り向いても大丈夫だからね」
と続けて言われた。
「分かった。ここ良い匂いがするね」
何の匂いか忘れたけど、良い匂いだった。いつまでも押し入れから出ない私に業を煮やしたようで、気付いたら後ろに居たお兄さんが目の前に居て手を出してきた。
「引っ張ってあげるから手を出して」
手を出そうとしたら、後ろから母の声がした。私を呼んでる声だった。返事を返しても母が私を探す声は、止まなかった。
だから、私は外の景色に背を向ける形で振り返ったのだけど振り返った私に対してお兄さんは何か悲鳴のような声を後ろで上げていた。
そこで、気が付いたら母が心配した顔で私を覗き込んでいた。
押し入れで寝ていたようで、寝るなら居間で寝なさいって怒られた。右手を見たら外に行っていたかのような乾いた土が付いてて、押し入れを汚したのかと疑われた。
多分、押し入れの汚れだと思う。
その時、這ってたから膝が若干擦れて痛くなってたけど、結局は夢なんじゃないかなと思いつつ書かせて貰った。梅雨に入って雨の日のことでした。以上
103:04/27(木) 02:07 e6AgTTDKOAA
あ、ごめん。
触ったは土サラサラなのと粘土っぽいのっす。雨で濡れてない土って感じでした。
1-AA